2007年02月13日

映画「ディパーテッド」観ました〜

日差しが暖かい今日この頃ですが・・・まだ寒いので油断禁物でございます。
何か・・・仕事が妙に忙しくてストレスがたまり気味になってました。

カチンコそんで、今日は休みだったので友達と映画観てきました〜。ディカプリオの「ディパーテッド」です。
劇場に行ってみたら人がすげい並んでるんです・・・。(前売り券だけど席の交換するのにも並びますからね)ヤベー・・・と思ったら、すげい並んでいたのは「どろろ」と「硫黄島からの手紙」でした。たらーっ(汗)
「どろろ」は、ちょっと観たいですねぇ。平日の空いてる時を狙いたいと思います。
邦画と言えば、「デスノート後編」観に行った時のラストに次回作はエルが主人公の作品が公開されるってあったんですけど、やっぱり小説のが映画化になるんでしょうか?それとも全くのオリジナルなんでしょうかねー?
何にしても楽しみです〜。前売り券買ってしまいそうです。
何か特典が付くと良いですよね。

・・・で、感想なんですがネタバレもあるかもなんで、気をつけてくださいな〜。

オープニングは最高に良かったです。これから始まるんだ・・・ってすごいわくわくしました。
音楽をうまく使う監督なのでその辺は安心して観れました。
全体的にスコセッシな感じで重い雰囲気とかあって、見せ方も旨いので上映時間が2時間32分でしたけど飽きることなく観る事が出来ました。
女優の選び方も凄い好きです。目立つのに邪魔にならないんですよね。
とりあえずは、これはこれでまあまあだったかな・・・。

きっと、トニー・スコット監督あたりがやるともっとハデになるんでしょうけど・・・。
しっかし・・・上映時間が2時間32分もあったのに・・・あまり核心に触れることなくラストまで逝ってしまいましたなーって感じです。
ディカプリオ(ビリー)とマット・デイモン(コリン)を交互に出して話は進行していくんですけど、どっちのキャラクターも中途半端なのでどっちが主人公?って感じでした。
正義が最後には勝つにしてほしいので、やっぱりディカプリオ中心にもう少し話がまわってくれると良かったですかねー。
折角ジャック・ニコルソン(コステロ)と共演してるのに案外からみも少ないんで拍子抜けです。ビリーの父親がコステロと知り合いだったみたいなのがきっかけで中に入る事は出来たけど、ビリーがコステロの信用を得るためのシーンがもっとほしかったですね。なんかもうかなりあっさり商売に参加してるしで。
コリンもエリート街道まっしぐらなんでしょうけど、とにかくダサいよ・・・。
ディカプリオが童顔だから当然周りもちょっとそれにあわせた人になるんでしょうけど、何でマット・デイモンなんだ・・・。
個人的に彼の演技が好きになれないだけなんですけど・・・なんかエリートに見えない・・・。今回の彼の好きなシーンだって、犬に吠えられる所と彼女に振られる所ですもん。
マーク・ウォールバーグの上司も、イマイチ役割がね・・・。ああなるいきさつが知りたかったですね。コステロに対してもなんかあったのかなーとかね。
2時間32分もあったのだからもう少し中味が濃い方が楽しめたなーと思います。
アレですかね、もうあと1時間くらいないとダメなんすかね。
後半怒涛のような展開の速さだったもんで・・・。
携帯・・・ドルマークのメールの時はちょっと笑ってしまいました。絵文字とかで連絡の暗号とか決めてたらいいのに。(←女子高生かっ!?)
アレック・ボールドウィンがめちゃくちゃ中年太りでしたなー・・・。その腹をなんとかしてくれ・・・。
腹と言えば、ディカプリオもヤバイですよね・・・。
昔、何の番組だったかは忘れましたけど、ディカプリオの映画を紹介してる時にユ○スケ・サンタマリアのコメントで「こいつは将来絶対太るね」って言うのがあったんです。
忘れられなくて覚えてるんですけど(言った本人は覚えてないでしょうけど)、・・・当たってるよー!ってかっ!?
ディカプリオはもう少し髪の毛伸ばせばいいと思うんですけどね。あんまり短いと余計に童顔に見えてしまうと思うんですけどねー・・・。
案外こういう作品があっさりアカデミー賞・・・取っちゃうんでしょうかねー。あんまり取って欲しくないですけど・・・。(オイ?!)パンチ

・・・まー、感想でぐだぐだ言えるって事は結構気にって観れたって事なんですよね。目
posted by と at 05:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

レーシングストライプス

お腹が空いてどうしようもなかったので、めんたいこでご飯食べました。夜に食べちゃいけないんだーって脳では理解してるんですけど・・・身体がねー・・・コーヒー何杯か飲んだんですけど、空腹感は消えなかったんです。しかたないから、食べたら今度は眠れなくなりました・・・。明日仕事なのに・・・。
・・・で、日記でも書こうかなーと・・・。

カチンコレーシングストライプス
劇場で公開された時、観に行きたいなーと思いながら・・・結局行きそびれてしまってたんです。
だから、割と放送を楽しみにしてたんですけどね・・・。
ちょっと・・・お子様向けでしたかね・・・。同じ馬のなら、ドリーマーの方が良かったですねぃ。
シマウマがね、レースに出ちゃうっていう発想は好きなんですよねー。
でも、レースに出るまでがなんか盛り上がりにかけるっていうか・・・結構あっさりレースにでちゃいましたよね・・・。
バイクを壊される前にストライプスが走れるって気づくよね、普通。娘がずっと面倒みていたんだから。
深夜の馬同士のレースで、ストライプスがコーナーを曲がれない、まっすぐしか走れない・・・訓練された馬とそうでないのとの差が出てしまったって事なのに、いつそれを克服したんだろ?ポニーに教わってましたっけ?み、見逃したかな・・・?
レースの前夜にライバルの競走馬の父親とその仲間にストライプスがやられて気を失い、次の日仲間に助けられるんです。人間達の方も、朝になってストライプスの姿が見えなくて探し回るんですけど・・・見つかった時・・・何も心配しないんすかね?ちょっとくらい・・・怪我とかしてるんじゃ・・・。
走ってるとき・・・どーみてもシマシマに塗ってる馬ですよね、やっぱ。
サーカスに最後帰されそうになるけど、やっぱりあの農場に残る・・・みたいになるのかなーとも思ったんですよね。ラストは優勝したシーンで終わったんですけど・・・サーカスが冒頭にしか出てこないって・・・そんなものなんですかね?
馬と女の子との交流のシーンとかももっと見たかったかな。

テレビで充分だったですね。劇場で観てたら・・・1300円は高いかもと思ってしまいますな。


映画といえば、「椿三十郎」がリメークされるそうですね・・・。

主な配役は、
椿三十郎役 織田裕二
室戸半兵衛役 豊川悦司
井坂伊織役 松山ケンイチ
睦田夫人役 中村玉緒

だそうですよ・・・、織田裕二を否定するわけじゃないですけど・・・ちょっとあわない気がしますけどねー。でも、彼を起用したって事は監督になんか別な意図があるんでしょうか。
「椿三十郎」より今の所は「どろろ」の方が観てみたいって感じでしょうか。

今日は、アニメ見てないですね・・・。金曜日って特に見たいのが無いんだな・・・。ケロロも夕方17時半の放送じゃ見れないしで。
posted by と at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

スパイと海賊・・・

なんかもう・・・雨ばっかですねー。雨
ホント、よく降ります・・・。そろそろ太陽が見たいです。晴れ

カチンコ映画の感想も最近書いてなかったんですよね。
「MIV」と「パイレーツオブカリビアン」観に行ったんですけど、感想を書くほどの内容じゃなかったもんでつい先延ばしになってました。

「MIV」トム様は物凄いハイテンションで頑張ってましたけど、(いわゆるランナーズハイみたいな・・・)とにかく脚本がひどかったですねー。中味がまったくと言っていいほどありませんでした。
内容がないよう・・・みたいな。お金をかけたB級映画といった感じでしょうか。
監督がJ.J. エイブラムスという方なのですが、この監督だから観に行ったようなもんです。テレビドラマの「エイリアス」「LOST」とか手掛けてる方なんですよ。だから、この脚本であんなド派手映画に出来たんだと思います。お金もかけられますからねー。
退屈せずに一気に観れてしまうという感じで、何も考えずに楽しみたいとうい映画としてはピッタリだと思います。
・・・ホント、突っ込みどころ満載でしたよ。かなり危険なモノを扱ってるはずなのに乱暴だし、道路で転げるシーンはトランスポーター2とかぶるしで。ラストなんて・・・ホントB級だったですよ・・・。あれでいーのかよ!?
MIW・・・あるんでしょうか?トム様は映画会社から契約を切られてしまったんですよね。あっても・・・イーサン役は別な俳優になるんでしょうか・・・?

「パイレーツオブカリビアン」 観て・・・すっごい疲れました。
だって、物凄く長いパート3の予告編だったんですもの。(オイ!?)
確かに笑えるシーンも沢山あるんですよ、ジョニー・デップはかっこいいし。
1作目は結構好き放題につくれたんでしょうが・・・やっぱディズニーだから、1作目がヒットした事だし2作目は観る対象の客層を低年齢化させてしまったんでしょうか?
内容が・・・かなりお子様向けでしたね。それで、かなりな物足りなさを感じてしまいました。
個々のキャラもあんまりこれといって活躍シーン・・・なかったような・・・。オーランドのサービスシーンはありましたね。(オイオイ!?)

ラストの終わり方・・・「マトリックス2」のような中途半端な終わり方だったです・・・。
「ロードオブザリング」のように長い話なら次に続くようなラストでもいいと思いますけど、こういうのはなるべく1本観ただけでも楽しめるような作り方にしてほしいですなー。
とりあえず、パート3に期待してます〜って所です。
あんど、ワンちゃん・・・あのままじゃ・・・ないですよね?

「マトリックス」もね・・・面白かったのは1作目だけだったからなー。
2、3作共つまらなかったですしね。カトリックスの方がよほどマシです。
マトリックス・・・期待しちゃったから落胆も大きかったす・・・。

そーいえば、007も次演じる俳優さん決まったんですよね。次回作も契約してるんですかね?
顔見ただけですが・・・この1作で終わらないと良いですね・・・。
そろそろ、007もどうなの?って思います。スーパーマンも公開されましたが、現在だとスーパーマンよりスパイダーマンみたいに少し影が有るヒーローの方がいいのかもです。
今回のスーパーマン、ブライアン・シンガー監督なんですよね。
その点ではちょっと観たいんですよね・・・。
でもね、主役がね・・・オーラないのよねー・・・。

アダム・サンドラーの「もしも明日が選べたら」がもう公開なんですね!
人生がテレビのリモコンのようなモノで早送りや巻き戻しが出来たりしちゃう・・・って話ですよね。
てっきりDVDになるのかなーと思ってたもんで。時間・・・あったら観たいですねー。
「ゲド戦記」、まだ観に行ってないですよー。いつまでやってるのかな・・・。

posted by と at 03:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

実写版・・・って・・・

梅雨が明けてないらしいですけど・・・暑いんすけど・・・。
脳が早くも沸騰気味・・・。
でも世の中は元気に動いているんですよね。私はぐったりですが・・・。

なんか・・・ネタが無いのか流行なのか・・・マンガの実写版って微妙に多くない・・・っすか?
デスノート、はちみつとクローバー、あげたらきりが無いくらいに。来年は、どろろもあるし。
・・・で、蟲師もですって?オダギリジョーだじょーって・・・パンチ
別に・・・彼が悪い訳ではありません。どんな風になるかわからないですけど・・・顔の長いギンコ・・・が想像出来ないだけで・・・。
CGもどうなるんでしょうか?大友さんが監督・・・。ギンコの耳とかから噴射とかしないでしょーね?もう少し何か出来上がってからでないとコメント出来そうにないデス・・・。
蟲師の世界観が壊されないことを願うばかりです。

26日にぎりぎり本屋にデスノートの本を予約してきました。
まだネットなら予約出来るんですけど、取りに行きたい派なんで。
おまけに・・・やられました・・・。

映画はまだまだ盛り上がってる様子ですよね。劇場で「Lからの捜査協力依頼メッセージ キャンペーン」をやっているそうです。メッセージ見てみたいですけど・・・その為に劇場に行くのはちょっと、ちょっとちょっと!(byタッチ)
映画は映画なりの方向性で・・・まあ、アリな感じで。
一応、前後編ですからねー。そうなると、エルが勝ってライトが死んでしまうのでしょうか?もしくは・・・原作のように第2弾・・・みたいなになるんでしょうか。エルのキャラクターが衝撃的なので、ニアメロの登場は無しの方向でお願いしたいです。

原作連載の時・・・そろそろ終わりそうと言う噂を耳にした時、えー、この展開じゃライトが死ぬか死神になるかしか無いんじゃんね・・・と思って連載が終わる事を全く信じていませんでした。
捕まってもライトは自分が神なんだと信じているから脱出するもんだとばかり思ってました。そんで、ニアメロが戦いに敗れて死んでしまい、実はエルが生きてましたーな展開になって今度こそエルがキラを倒すみたいな展開になってくれる事を妄想しまくってました。
エルはライトの目の前で死んだけど、デスノートルールで都合にいい項目が何かあるかリュークの気まぐれとかで生き返るとかしてくれるとかしてくれたらいいな・・・と。
エルが死んだシーンはホント信じてませんでした。あの後、安置室でライトがエルの死体に熱弁振るうシーンでもあれば・・・やっぱ死んでしまったのか・・・とかかみ締められたけど・・・あまりにもあっさりしてたもんで・・・。暫く死んだとは思っていませんでしたよ・・・。
この原作者さんは・・・意外とあっさり殺してしまいますからね・・・。
ライトのラストも惨めでした・・・。あの場でまったく策が無いなんて思っていなかったのであの錯乱は演技だと思ってましたからねー。
終わってほしくないって気持ちゆえそう見えてしまったのかもですが。

残務整理のような最終回は数ヶ月の時間の経過を表したかったんでしょうか?
ラストの女性は・・・やっぱりミサミサだと思いたいですね。
・・・で、少しふくよかなので・・・もしや妊娠してる?とかだったりして。(え?ダヴィンチコードの影響受け過ぎですか?)
リュークが実際にはノートを何冊持っていたのかも定かではないですし。そのノート自体も切り離しても使用可能だし。ミサミサが持っていないとも言い切れないですしね。

考えるときりがないですね・・・。
でもやっぱり、エルとキラの対決が面白かったですねー。正直、第2部の方はあまり面白くはないですね・・・。もっと黒いライトが見たかったですねー。

とりあえずは、10月発売の本を楽しみにしたいと思います。

・・・寝よ・・・。
posted by と at 05:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ダ・ヴィンチ・コードとデスノート

毎日・・・雨ばかりでイヤになりますね。被害もかなりなものですよね。
自然災害はホント・・・過ぎ去ってくれるのを待つしかありません・・・。
早い復旧を望むばかりです・・・。

日記書くの久しぶりです・・・。
生きてる事は生きてるんですけど、この所の天気に左右されっぱなしの毎日です・・・。35度になった時は正直くらくらしてしまいぐったりしてました。今からこれでは夏になったらどーなるんだろうと考えるだけで恐ろしいデス。
最近はこの寒さに絶えられず長袖着てます。
どーなってるんでしょうか?この天気・・・。地震とか起きなきゃいいですけど・・・。
こんな心配くらいしか出来ないんで・・・はい。ホント・・・自分の事だけで精一杯な毎日です・・・。


カチンコ「ダ・ヴィンチ・コード」と「デスノート」観て来ました。
ダ・ヴィンチ・コードは小説はまだ読んでいないのですが事前にTVでの特番見たりしたし、デスノートは原作読んでたしで、とりあえずその作品に関して事前にある程度の知識があったと言う訳です。
どちらの作品にもいえる感想としては、原作が凄いんだなーと、説明不足だなあと思った所でしょうか。

「ダ・ヴィンチ・コード」
ある程度宗教の事が解っていると内容が理解出来て楽しめるんだと思います。スポーツ映画もルールが判って観るのと判ってないで観るのとじゃ全然違いますものね。笑えるツボとかもですよね。
上映時間の都合もあるんだろうけど、トム・ハンクスがかなりさっさと謎を解いてしまうので、そんなに簡単だったりするの?と思ってしまいテンポにのりきれなかったですかね。え、もう次に行っちゃうの?もっと説明してよ・・・って思ってしまったもんで。
登場人物もそんなに多くないので、ちょっと先が見えてしまう感がありましたですかねー。
主役がトム・ハンクスっていうのがすでにダメだったもんで・・・。
また、トム・ハンクスかー!?・・・って、他に役者いないんですかね。
私もあの髪型否定派です。
作品的にはまあまあだったんで、話題作どれ観よう?なら、候補に挙げてるそのうちの1本にしてあげてください的な作品です。
原作、文庫本になったので読んで比べてみようと思います。

「デスノート」
藤原竜也は配役が決まった時からミスキャストだなーと思っていたのですが・・・、実際に映画を観てもやっぱりミスキャストだなーと思いました。ふらふら
予告観てなんかもしかしておもろ?なのかも・・・と思って、観に行くもんかと思っていたのに・・・お金出して観てしまいました。でも、1000円の日に行ったんですからね。
原作がホント凄いので、原作を知っているからそのシーンが出てくると、ああアレのところだって解るんですけど・・・結構・・・いきなりそのシーンにいってみたりしちゃう訳で・・・。え?何でもうこのシーンになったりしちゃう?な感じなんです。
もっとこう、ライト中心に話が動いてほしかったですかね。なんていうか、ライトが自分は神だと思う過程が見たかったですかねー。一応そういうシーンもある事はあるんですけどね・・・説明的にはものたんないわけで・・・。
彼の演技もね・・・、どーしても古畑のスペシャルの時の役を思い出してしまうのですよ。
どー転んでもライトに見えん・・・。ダサファッションも普通にダサいっての。他にいなかったんですかね・・・。彼で良かったって言う人もいると思いますが、原作のイメージが強い性もあって個人的にはダメでしたね。
エル役の松山ケンイチが面白かったです。それなりに頑張っていたと思います。
部屋にお菓子があったりとか、がっつり食べるシーンがあったりで彼が極度の甘党である事は見るからに明らかなのですが、セリフで甘党が解るシーンが出来れば最初に欲しかったですかねー。
ミサミサに関してはもうちょっとゴスロリが似合う子にしてほしかったですかねー。
リュークの声に関しては、声優さんを使ってくださいと言いたいデス・・・。
原作とはストーリーも少し違うので切り離して、2、3歩離れた所で観ると、映画は映画として楽しめました。結構笑えましたデス。
前後編という事なので、後編も観に行ってしまいそうです・・・。

今月は、「MIV」観に行く予定です。
そんで、来月は「パイレーツのデッドマンズ・チェスト」を観に行く予定です。

7月・・・何だかあっという間に半分以上過ぎてしまいました・・・。たらーっ(汗)
posted by と at 04:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

久々に映画感想〜

雨昨夜の雨はすごかったですね・・・。ビックシしましたです余・・・。
風も強くて・・・傘がまたひとつダメになりました・・・。ちーん目

カチンコ今日は、映画「キスキス,バンバン」観て来ました。
ロバート・ダウニー・Jr、バル・キルマー主演のコメディーです。
他の映画をパロったようなちょっとそれを知らないと笑えないといったギャグとかもあったんですけど結構面白かったです〜。

ニューヨークのとある店に泥棒に入ったハリー(ロバート・ダウニー・Jr)が警察に追われ逃げ込んだ先が何と探偵映画のオーディション会場だった。(泥棒が徘徊するような時間にオーデションやってるの?とか突っ込みたい所ですが・・・)
しかも見事合格してしまい、ロサンゼルスでスクリーンテストを受ける事に。私立探偵ペリー、通称ゲイ・ペリー(バル・キルマー)に演技指導を受ける事になるのだが、行く先々に死体が・・・何やら怪しい事件に巻き込まれる事になるのであった。

オープニングからして昔の探偵物っぽい感じで、あーこういう感じのあるあるって結構好印象。そんなに込み入った話では無いんですけどテンポ良かったですね。ストーリーに関しての話をするとネタバレになっちゃうのでこの手の映画の感想はあんまり書けないですね・・・。
ジョエル・シルバーが制作って割にはそんなに派手なアクションもないんですけど、笑いのツボがね、リーサル・ウエポンっぽい所あったりしたんで、やっぱジョエル・シルバーだわと思いました。
ロバート・ダウニー・Jr、暫く出ていなかったんですけどまた俳優活動再開ですね。この辺の役者がもっと頑張ってほしいんですよねー。久しく見ない人たくさんいらっしゃいますよね・・・。
とりあえず・・・バル・キルマー、ダイエット希望です。そのアゴはダメだろー?何もう・・・着ぐるみ?っすか・・・。

深夜放送でたまたま見たら、何コレ、面白いじゃん!的なノリの映画でございました。個人的には、結構好きです〜。

今夜放送の深夜映画・・・「ハードロック・ハイジャック」、おバカ映画で好きなんです・・・。やっぱり見てしまった・・・。パンチ
ブレンダン・フレイザーは、ハムナプトラとかもいーんですけどおバカやってる時も結構好きです〜。
昨夜もね、「イン&アウト」放送してたんです・・・。やっぱり見てしまった・・・。ジョーン・キューザックがカワイイんです揺れるハート

サントリー烏龍茶に中国宮廷料理のフィギュアのおまけが付いています。
袋に何が入っているのか記載されているのでありがたいです。
とりあえず、烏龍茶をげっとしました。さすが海洋堂、いー仕事してます。
ホント、良く出来てます。
posted by と at 04:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

チャーリーとチョコレート工場

この映画、やっと見てきました。時期がちょっとズレてるのもあったんで劇場は空いてました。ま、そりゃそーだろね。同じティム・バートン監督なら、今は「コープス・ブライド」ですよね・・・。

とりあえず、最初に感想を言えばこの映画は好きです。好きなんですよ。あまり内容に触れるような感想は言いたくないくらいですねー。
好き嫌いは分かれるかもですが、何も情報無くこの映画を観てほしいって感じです。
映画の出来がどうのというよりか、とにかくかなりのマニアックぶりだったんで個人的に好感度でした。ホント、いろいろと楽しめました。
ハリウッドって凄いよね、こーゆー映画に制作費がちゃんと集まっちゃうんだからねー。ティム・バートン監督とジョニー・デップの黄金コンビじゃ、誰だって劇場に足運びますからお金だって集まりますよね。この原作自体、有名な話らしいのでアメリカでヒットするのは解りますけど、日本だとやっぱりデップ人気なんでしょうねー。ディカプリオがやってたら同じくらいはいるかもでしょうが、マット・デイモンとかがやってたらコケるでしょうねー、日本じゃ。
ティム・バートンめ、トム・クルーズ主演で映画撮ってみてはいかがなもんでしょうか?スリーピー・ホロウみたいな衣装着てるトム様が見たいです。(オイ!?)

カチンコ世界一の売り上げを記録しているウォンカのチョコレート。でも、誰も工場に人が出入りしている所を見た事が無いのです。その工場に5人のゴールデンチケットを手に入れた子供が招待され工場内をウォンカの案内で見学する事になるのですが・・・。
セットがとにかく凄いです。「ウォンカチョコレート工場」でアトラクション作ってほしいくらいです。
劇中に使われたリスも調教した本物だって言うからこれまた凄いですよねー。
チャーリー以外の子供達がインパクトありましたね。強烈過ぎて肝心のチャーリーが影うすくなってしまったような気がします。ストーリーもそんな感じ。それぞれの強烈なシーンが多くて肝心のストーリーが・・・ちょっと・・・で、それで?って感じになってしまったような物足りなさを感じました。チャーリーとウォンカ、どっちが主人公だったのかな?と思ってしまいました。
ウォンカの父親役をクリストファー・リーが演じていたので、ティム・バートン監督ってホントにホラーとか好きなんだな〜ってあらためて感心しましたよ。
過去の回想シーン、すんごい好きです。ウォンカの子役の子が可愛かったっす。
ヘレナ・ボナム=カーターのお母さん役ってのもインパクトだよ。
ウォンカ役のデップはホント凄いです。何もいう事ないです、マジで。今回の格好も凄いですよねー。彼以外に誰も出来ないよ・・・この役。(アップの時、おヒゲが青いよ・・・って思ったけど・・・見なかった事にしよ・・・)
この映画の宣伝で10年ぶりの来日をしたデップ氏ですが、聞いた話ですが10年前って今ほど情報量無かったそうですよ。来日しますなんて誰も知らなかったらしいです。配給会社の警戒も厳重だったみたいです。今は韓流ブームも手伝って有名人の来日に関してかなりの情報が手に入るようになりましたからねー。ワーナーの宣伝マンがブログで来日の事書いてるくらいですもんね。すごい世の中ですよね・・・。

映画全体にブラックの要素てんこもり・・・。腕とか落っこちても爆笑してそうだ・・・。この映画好きなんですけど、あまりにもブラックなんでまんま受け止めてしまうのは怖いので何処か逃げ道というかホントに痛そうみたいな何かほしかったですね。
なんだかんだ言っても、ティム・バートン監督の独特の世界観は素晴らしいです。もっと、どんどんこういう作品作ってほしいです。
巨匠になると好きなように映画が撮れるようになるんだなーと思った1本でした。
「シザーハンズ」とか好きな人にはお勧めですネ。
チョコレートの香りがするような劇場には行かれなかったので、チョコレート食べながら観ました。ウォンカチョコレート・・・作って売ってくれればいいのに・・・。この際だから中味は森永でもロッテでも何でもいーです。あの包装紙がほしいーです。

携帯電話この映画観た時、「劇場で携帯電話は電源をOFFにしてください」のCMは、ブラック・ジャックでした。手術を始める前に携帯が鳴り出し周りのスタッフ(ピノコ、手塚、アトム)にブラック・ジャックが怒鳴るのですが、携帯の持ち主は実は手術台にいた患者の写楽だったという内容でした。
帰りに前売り買いました!早く観たいな〜。キリコの声が嫌なんすけどね・・・。ピーマンかじるんじゃないでしょーね?

そろそろ、蟲師が始まるんで・・・。ダッシュ(走り出すさま)



posted by と at 03:51| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

メイド・イン・マンハッタン

ちょっと見たいなーと思っても、公開期間が短かったりとか、なかなか映画館に行けないなーってなると、やっぱりTVでの放送に頼ってしまう訳で・・・。
この作品って・・・2002年だったのですね・・・。もう、3年前なのですねー・・・。でもその位ならあんまり時期的な違和感ってそんなに無いですね。今頃日本で公開かよーって言う映画もよくあるもんね。

深夜にオンタイムで見たんですけど・・・この手のカワイイ映画って結構お手軽感もあるからよく見てるんですけど・・・その中のマイランキングの中でのランク・・・かなり低い出来っすね・・・。せめて、「あなたに降る夢」(ニコラス・ケイジ、ブリジット・フォンダ)くらいの可愛らしさほしいっすね・・・。そんでもって、ノリ的には「デーヴ」(ケヴィン・クライン)みたいのを期待してたんすけどねー・・・。
シングル・マザーの客室係がひょんなことから未来の大統領候補と出会い、恋に落ちていく・・・ってストーリーなんですけど、勝手に客の服を着てしまうって時点で引いてしまったのでダメだったのかも・・・。それを着たジェニファー・ロペスが太っていたんですよね・・・。なんか・・・ぱっつぱつ感が嫌だったなー・・・。
レイフ・ファインズも上院議員候補に見えなかったし・・・。もっと彼は爽やかなはずなのに・・・なんか、すっごい濃くなってしまった気がしてなりません。この作品って同じ2002年に「レッド・ドラゴン」があるんですけど、その後だったんですかねー・・・。
レイフ・ファインズって「嵐が丘」もやった事あるんですけど、その映画見てこんな爽やかなヒースクリフいねーって思ったもんですが・・・今なら文句無く出来ますね・・・濃いから・・・。
ストーリーもレイフ・ファインズ演じるクリスがジェニファー・ロペス演じるマリサに「あなたは、実際の彼らの貧しい生活を知らない」って指摘されてるのにそれに関してのフォローが何にも無かったし・・・。ライバル候補のパーティに行ってもその候補とクリスとのやり取りもなんも無かったし・・・。結構前ふりあったのにな・・・、クリスがライバル候補に何かガツンと言って人気度アップっていうのがあるかと思ったんですけどねー、空振りだったのよさ。
ラストシーンに行くまでの盛り上がりがイマイチだったので、ラストであんまり良かった〜って気分になれなかったですね。え・・・これで終わり・・・すか?みたいな感の方があったかなー。
深夜にハズレの映画見ると・・・気が重くなって寝るから・・・寝つき悪いったらねーです・・・。

「TAKESHIS'」、凄い宣伝してますよねー・・・。きっとヘンな映画なんだろうけど、やっぱ、ちょっと見たいかも・・・。土曜日、スマステ5見ました。北野監督と香取慎吾くんの夢の対談・・・1週間待たされただけあって結構面白かったです。何が凄いって、相手の言ってる事で感動して目頭熱くさせていくそのさまの変化を見れたって事ですかね。慎吾くんの質問、面白かったですね。意外と聞け無そうな事まで聞けたって気がしました。
それにしても、黒澤作品・・・「用心棒」くらい見ようよ・・・。「七人の侍」は難しいと思うから。「七人の侍」見る場合は先にアニメの「SAMURAI7」見た方が逆に良いかもですよ。
「黒澤作品は見てないけど北野作品は全部見てます」って言ってたけど、北野作品見てるからこそ黒澤作品見て欲しい訳です。両方見てる側から言わせてもらえれば。ダメですかねー・・・。今度ゲストに黒澤監督の特集の時にインタヴューしてた撮影監督の木村さんをよんでほしいです。この人の話すんごく面白いんです。

日曜日の今日は、「座頭市」放送してましたね。
あるあると黒バラ見ちゃったです・・・。耳をたたんでも痛くないのに冷え性ですけど?
ヨシズミパワー・・・恐るべし・・・でしたね・・・。

スタートレック・エンタープライズ3の放送が終わってしまいました・・・。死んだと思われた艦長が気が付くとベッドの上・・・しかも周りにはドイツ兵と・・・何か時空を超えた話になっとります・・・。シリーズ4はいつ放送されるの・・・?早く見たいよー。


posted by と at 04:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ギフト

カチンコ昨日、TVで「ギフト」見ました。ケイト・ブランシェット主演でサム・ライミ監督・・・。キアヌ・リーブスも出演してるって言うのに・・・そーいえば見てなかった事を思い出し、ポテトチップとか用意してTVの前にいたんだけどな・・・。
映像はキレイでした。部分的に見れば、まさかコイツがーとか、裁判所のシーンとかもおおっとか思うんだけどね・・・。トータル的にはナンだかなー・・・また・・・つまらないものを見てしまった・・・気分です。
何を言いたいのかよくわからない映画だった・・・。ギフトと言うタイトルの意味があれもこれもそれもドレも?!みたいで、欲張りすぎてどれが本当に主張したかった事なのかが全く伝わってこなかった。事件以外にも主人公のアニーが問題抱えすぎなのか本当に彼女が解決したいのがナンなのかがハッキリしない。ライミ監督ってこういう風な表現もするのかーって感じ、シャマラン監督かと思ったよ・・・。
キアヌがやった役・・・別に彼じゃなくてもいーんでないの?つーか・・・キアヌだと間が抜けて見えるんすけど・・・。もっと濃い系の役者の方が良かったなー・・・。ゲイリー・シニーズとかさ、ダメかな?濃過ぎっすか?
キアヌの声が大塚さんって・・・無理ありすぎなんじゃ・・・、暴力夫ドニー的にはなんら問題ないんすけどね・・・、キアヌ的にはアカンでしょー。
ヒラリー・スワンク・・・何かつまんない演技だったな・・・。どんなに虐げられても男が居ないとダメって女にまったく見えませんえん。
2000年の作品だし・・・オンタイムで見たらよかったんかもですけど・・・。でも、良い映画って何年たっても良いもんのはずだよね。
はー・・・ナンだか書けば書くほど文句しか浮かんでこないデス・・・。面白い映画見て、スカーっとしたいです。

TV今日は「花より男子」見ました。原作、全く知らんのですがなかなかエエ感じのドラマです。主人公つくし役の子は、お昼のドラマ「キッズ・ウォー」に出ていたんだそーです。どーりで、家族との食事のシーンとか妙に放送時間が違うっぽく見えてしまってたんですよね。「ドラゴン桜」の後だからこーゆーノリのドラマは面白いですね。
そーそー、ドラマと言えば、来月「トリック」のスペシャル放送するんですよね!今から楽しみです〜。わーい(嬉しい顔)

posted by と at 06:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

ビッグ・ダディ

カチンコアダム・サンドラーだし、めっちゃコメディーって訳ではないけどそこそこ面白いかも〜なんて思って結局見はぐってました。以前にも、ケーブルTVで放送とかしていて見れそうな時間とかもあったんですけど・・・見るのがのびのびになってたんですよねー。どこか、どーしても見たい度が薄かったんです。そんで、今日見たんです。
大抵・・・こう・・・今じゃなくても後でもイイヤ的な事ってホンットたいした事無いんだなーと・・・こういう時思ってしまいます。
「ビッグ・ダディ」どーしようもないくらいつまらなかったんですけど・・・時間返してーっ!てくらいに。
大人になりきれないテキトー人間、ソニー。その彼が友人の子の面倒を見る事に・・・。子供が子供の面倒を見るがいつしか彼の中で変化が・・・。
子供を自由に育てる事は子供をわがまま好き放題にさせるという事とは違うんだって事をいつしか気づくとゆーか、子供に自分を見てるから命令ばかりしていた父親とはオレは違うんだぞってトコを示そうと好き放題させたんじゃないのー?とか思ったりもするんだけど、ツメが甘いとゆーか見てるこちら側に何も伝わってこねーんすけど。キーワードであろう「汚した所に新聞紙をかぶせる」もまったくいきてこねーです。
裁判のシーンもナンだこりゃです。皆が父親に電話するシーンはサンドラーらしいと思うけどこの場合無意味でしょう。
救いはサングラスだろーけど、てっきりサンドラーがかけるシーンもあると思ってました。子供を取り上げられて落ち込んで何処かに姿を隠したくなってサングラスをかけ薄暗い自分の部屋の隅に・・・。そこへレイラが訪ねてきて「透明人間じゃ、彼を助ける事が出来ないわ。姿を現して、ソニー」とか言って、一緒に裁判の準備をするとかさ、あってもいーんじゃね?
アダム・サンドラーだからって事で期待した分ガッカリ度もあったって感じですな。
こういう映画を見ると、何でアダム・サンドラーは日本で人気が無いのかがわかるような気がします。まー、ちょっとこの作品はツボを外しちゃったなーってトコすかね。

アダム・サンドラー、「ウォーターボーイ」とかバカバカしくて好きなんですけどねー。なかなか真面目な映画になっちゃうと受け入れてもらえないようですねー。「ウェディング・シンガー」くらいになっちゃうんでしょうか・・・。「ロンゲスト・ヤード」も期待出来そうに無いし・・・。予告見たけどなんかゲンナリ・・・。あの役をアダム・サンドラーが?!って感じですよ。とても元アメフト選手に見えないっすよ。リメイクなんだけど、前作はカッコイイからあんまりコメディにしてほしくは無いですけどねー。見てないから何とも言えないですけど、期待しない方が案外面白かったりもしますからねー。

TV今日は野球が放送延長になったので、21時からの「ロンドン・ハーツ」は放送がお休みになってしまいました。延長で放送時間がずれるよりこういう方が全然おっけいだわ。深夜番組を予約してたのに途中で切れとるがなーってのが無いですもんね。
22時からは「鬼嫁日記」を見たんですが、これもあんまり・・・面白くないなーですね。来週からは見るのやめようかな・・・。
その後はニュースをちょっと見て、パソいじって・・・現在にいたるです。ちょっとあっちこっち検索してたりすると、時間ってあっという間ですねー。日記とか書いてると特に。
来月はスカスカの自サイトをいじったりしようと思います。バナーも無いしなー・・・。何とかせんとイカンですな・・・。冬の服を出したりとかもしたいのにこの所の天気が悪かったりするからなかなか出来ないですね・・・。そんで、天気が良い時は出かけたりしてしまうしで。パンチ

今日は帰りにケーニヒスクローネでケーキ買いました。そーなんです、寒くなってくると益々甘いものが欲しくなってしまうのでした。


posted by と at 03:49| Comment(3) | TrackBack(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

13年ぶり・・・

今朝は(これ書いてる時点ではもう昨日の出来事っすかね)、何故か5時とかに眼が覚めました・・・。目
1時間位起きててまた寝たンですけどね。その間にTV見たら、芸能ニュースで「ミッキー・ローク来日」の文字が・・・。ボクシングの試合で日本に来た時から13年ぶりですって。デップが10年ぶりって言ってたってのにもビックリしてたのに・・・それ以上だったのですか。それでも「猫パンチ」って未だに言われちゃうんだからある意味可哀想ですよね。でもその当時、ミッキー・ロークをカッコイイと思っていたファンが奈落の底に突き落とされただろう事も可哀想だから、お互い様かしらンv(ンな訳ねーだろーぅ)
元々役者であるミッキー・ロークにボクサーを期待して見た訳では無いんだろうけど、あまりにもカッコ悪かったから、彼が放ったパンチに「猫パンチ」なんて名前が付いてしまう訳で。役者なんだからちゃんと演技してほしかったんだと思います。

飛行機「シンシティ」の映画の宣伝の為に来日。映画のメイクそのままで・・・(オイオイ!?)
太りましたよ・・・ね。こういうカリスマ性のある役者は太っちゃダメですよね・・・。居るだけでオーラがあるんですよ・・・こーゆー人って。だから勿体無いデス。そーゆー人に限って自覚が無いからアホな事したりしちゃうんですよ・・・。別に、自分の犬と一緒じゃないと映画出ないって言った事を責めてる訳では・・・。
マジでダイエットしてほしい・・・。キルマーさんも誘ってジム行ってください。
それにしても、記者会見に輪島さんが居るなんて・・・意味あるんですかね・・・。映画とあまりにもかけ離れた人が来るのって・・・どーよ?
シンシティ・・・面白そうですよねー。観に行きたいー・・・。

「ヘビメタさん」「ハナタカ天狗」「モンスター」「甲殻機動隊」・・・終わってしまいました・・・。モンスターは長かったですねー・・・。
今日からBSで「ホワイトハウス」始まったんですけど、まあまあ・・・ですかね。今後の展開に期待ですけど、3話位見て進展してなかったらどーすっかな・・・。

posted by と at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

シンデレラマン、見てきました〜

カチンコ一昨日、映画を見てきましたよ。チャーリーとどっちにしようかと迷ったんすが、祭日だからチャーリーはめちゃ混みだろうと言う意見で一致したんで、「シンデレラマン」にしました。

ヒューマンドラマで監督がロン・ハワードですから、こういうのはやっぱお得意分野って感じですよねー。
その時代をうんと深く掘り下げて説明するよりも、ひとりのボクサーを通して坦々と描く事で時代背景もよく解った気がしました。そこに、家族の絆とか、夫婦愛とか、生きる糧とか、希望とか、挫折とか・・・いろいろ詰め込まれておりました。とにかく、上映時間が短く感じましたね。もっと長くても良かった気がします。ラッセル・クロウ演じる主人公ジミーの心理描写のシーンがもっと見たかったです。惨めなシーンはもっと惨めに、怒るシーンはもっと段階踏んで怒るとか。そうすれば、もっと主人公に感情移入出来たかもですかね。ホント、あと1時間、せめて30分はほしいなー。ディレクターズカット版って出さないのかなー。出たら見たいっす。
試合のシーン、結構迫力あってうまく見せてましたねー。
集中して映画見たんで、劇場から出てきたらかなりぐったり・・・したデス・・・。

つきいちごろー・・・あのラインナップだったら、普通「シンデレラマン」が1位っしょ?何でかなー・・・。彼の感性だとこーゆータイプの映画はダメなんだろーなーとは思いますけどねー・・・。最近は、あの王子っぷりが鼻についてきたんすよね・・・。このままだと、つきいちごろーあんどきむたくになり、その内つきいちきむたくになっちゃうんじゃねすか?

ラッセル・クロウ、なかなか良かったです〜。いわゆるハマリ役でしたね。「グラディエーター」とか「LAコンフィデンシャル」を見てるから、静かに怒れる男をもっと見せてくれろって思っちゃうんですよね。割と家族愛とかもフューチャーされてたから、そーいった意味じゃちょっと消化不良な所もあったかな。
レネー・ゼルウィガー、個人的にはイマイチでしたかね。ちょっと物足りなさを感じてしまいました。もっと、眼がぱっちりしてる女優さんの方が良かったかな・・・。あまりハデでなく動きの少ない役だから、どーしても顔の表情を求めてしまうんで。眼がね・・・、あんまり表情無かったかな・・・。
子役は、3人とも可愛かったですねー。長男が良かったっす〜。
ロン・ハワード監督は、ホントこういう作品うまいですよねー。
この監督のお勧め作品は、ダントツは「スプラッシュ」ですが、「バックドラフト」「ウィロー」「バックマン家の人々」「アポロ13」「身代金」とかも、いーですよねー。

喫茶店映画の後は、紅茶買いに行きました〜。
カレルチャペック紅茶店の紅茶が美味しいのです。フレーバーティーとか、ぐーです。

急に・・・雨が降ってきましたー。

自転車のカバーかけにいってきました・・・。結構濡れたなー。
今からカフェオレでも飲んで寝ようと思います〜。


posted by と at 03:30| Comment(4) | TrackBack(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

フロム・ヘル

カチンコ木曜洋画劇場・・・なんか久しぶりに見たかも。
デップ来日もあったので、「フロム・ヘル」を放送していました。この作品が製作されたのは、2001年なのですね。もうそんな前だったの〜って感じですね。
映画の雰囲気とか色合いとかは好きなのですが、ちょっとばかしストーリーが・・・かゆい所に手が届かない・・・ってやつですかね。違う〜、そっちじゃないんですぅ〜、みたいな・・・。デップ扮するアバーライン警部、別に予知能力無くてもアヘン中毒だけで充分だったような気がするんですけど。普通に捜査だけでも充分面白いのに予知能力・・・あんまり役に立ってないですよね。ラストシーンの為に使いたかったのかな・・・。アヘンでおかしくなっているから、たとえそれが幻覚であったとしても区別つかないんでは?と思うのですが・・・。
犯人・・・解り易過ぎちゃう所もあったりしますかね・・・。ちょっと残酷なシーンもありますがなかなかおもしろい作品です。
カチンコ切り裂きジャックを扱った映画って結構ありますよね。
古い作品ですけど、マルコム・マクドウェル主演の「タイム・アフター・タイム」とか、好きどえす。彼がワルじゃないってのも面白かったです。

チャーリー・・・では、試写会募集の他に記者会見に招待って言うのもやっていましたよね。当たった人・・・いるんですよね・・・。すごいなー、羨ましいですねー。もうやだ〜(悲しい顔)
今回・・・一応いろいろ努力してみたんですけど・・・ダメだったですぅ・・・。世の中・・・厳しいわ・・・。orz

六本木は、今はチャーリーのイベントが行われた六本木ヒルズが人気ですけど、防衛庁跡地に現在すごいの建設中なんですよねー。そこにもホテルとか出来ますからねー。ヒルズは六本木の交差点から少し離れてますからね。防衛庁跡地の方が交差点の延長上だから、こっちが出来た方が交差点周辺のお店は活気ずくかもですね。ハードロック・カフェとかあるし。
昨夜のタモリ倶楽部でこれから出来るビルとか紹介してたんですけど、防衛庁跡地の事をやっていたからつい・・・見ちゃいました・・・。
池袋渋谷間で地下鉄も出来るんですね・・・。池袋から渋谷に行く時、地下鉄を使う場合は、1回は乗り換えあるんですよね。直通になるんやね。知らんかったですわ・・・。(へー、へー)

カチンコ「コンスタンティン」のDVD買いました〜。おまけがあるからそれを楽しみに買ってしまいました。パンチ
ホント・・・DVDになるの早いですねー・・・。この間、劇場で観たと思ったのに・・・っていうのがバンバンDVDになっていますよね。
キアヌはマトリックスのキャラが強烈なので、この手のは皆同じに見えてしまうのですよね・・・。キャラの差はコートの丈の長さ・・・だったり。爆弾
バル・キルマーあたりがやってもおもしろかったかもですね。ただし、ダイエットの条件付きですけど・・・。

昨夜、ブログいろいろいじってました。ペットとか検索してたら、ブログに置くのってかなり沢山あるんですねー。時間があっという間に過ぎてしまいましたよ・・・。そんで、今朝・・・起きたら・・・起きられなくて・・・風邪ひいたもようです。せっかくの休みを寝て過ごすとかなり無駄にしたなーと思います余。ふらふら


posted by と at 01:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

ギャラクシー・クエスト

es-h1.gif

帰りにUFOキャッチャーやって、ホランド・・・やっと取れました。携帯に付けようっとv
UFOキャッチャーはストレス解消のつもりでやってるんですが、なかなか取れないから逆にストレス溜まるって感じでしょうか?よく行ってるゲーセンなんですが・・・最近アームの力がちょっと入ってなさっぽいです。ばっちり引っかかったー!って思ったのに空振りですよ?取れねーよ、ンなもん・・・。
エウレカ・・・エヴァに似てるって言われてるそうですが、どーなんでしょ?エヴァはいまいち重い感じがしてはまれなかったんですが、エウレカの方はその点見やすいですかねー?
ホランドがカッコイイからって訳では・・・。爆弾
キャラソン・・・何じゃそら?って思ってたんですが、ヒューズさんの出るんですよね・・・。どーしよう?買ってしまいそうだ・・・。
バトン・・・それ買うまで引き延ばしてる訳では・・・。こーゆーの面白いから来るのはカマンvなんですけど・・・誰に渡せば・・・?いーかなー。思案中・・・。うぬう・・・(ガッシュ風で)

カチンコ「ギャラクシー・クエスト」30分くらい見てつまらんかったら寝ようと思ってたんですけど・・・何だか朝になってしまいました。ようするに、最後まで見たって事ですねっ。
前半ははっきり言ってつまらなかったのですが、後半は本物と間違えられた役者が役になりきって頑張る所は面白かったですよ。ティム・アレンが出ているのでコメディー色が強いのはわかってはいましたが、スタートレックをモチーフにしているのだからもっと真面目にパロディにしてくれた方が良かったのではと思います。ちょっとつくりがちゃちだったですねー。もっとお金かけても良かったかも。後半面白かっただけに勿体無い気がしました。
そんで・・・シガニー・ウィーバーは、金髪は似合わないなーと思いました・・・。アラン・リックマン・・・何でもやるんですねー。ある意味凄いです。だって・・・宇宙人でしかもトカゲよ?
トレッキーもオタクもあんまし違いは無いですよね、根底に流れるものはね。

スター・ウォーズも公開してるんですよね。見るなら劇場で見たいですねー。主役の2人がちょっと・・・物足らないんですけどね。ナタリー・ポートマンが何でずーっとアミダラをやったんですかねー?エピ1だけじゃダメなんすかね?エピ2で成長して再会・・・なのに、あの種族は成長しない?って事なのかな・・・。
789話はやっぱり作らないのでしょうか。監督の年齢的な事もありますよね。この6話までで28年かかってるんですものね。インディもやらなくちゃいけないし、監督は忙しいんですう。きっと監督の頭の中にはあるんでしょうけど、あらすじでもいいからちょこっと知りたいですねー。ふらふら

深夜に始まったアニメ「ガンソード」、面白いです。動きもいーんですよね、これがまた・・・。

↓のブログペットの書き込み・・・、なんか、大丈夫なんかい?って心配になりますよ・・・。
posted by と at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

バタフライ・エフェクト

カチンコ映画紹介とか見て、なかなか面白そうだったので公開終わるちょっと前に見てきました。
エリック・ストルツ以外あまり知られた俳優がいないので、もしかしたら劇場公開ないかもなーと思っていたので映画館で見る事が出来て嬉しかったデス。
見に行ったのは、東劇です。有楽町からちょっと離れているんですが、こじんまりとしてる映画館なので割りと好きなんです。
通りを挟んだ反対側の映画館は無くなってしまったから、頑張ってほしいんですよねー。

パンフも買いました。700円なのです。普通のパンフより変形タイプなんですけど、小さいからあまり好きではありません。写真も小さくなってしまうし、載せる解説等も少なくなってしまうではないですか。・・・で、その割には値段が高くなってしまうんですよね・・・。
買う方としては、普通の大きさで充分満足なんですけどねー・・・。

映画の感想・・・面白かったです。期待して見てそれなりだとかなり嬉しいデス。
「バタフライ・エフェクト」とは、「小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という、わずかな違いが後に大きな結果の差を生む理論なのだそうです。
もしもあの時こうしていればと、幼馴染の彼女を救おうと過去に戻る方法を見つける主人公エヴァンの取った行動は・・・。
何か感想を言うと、どうしてもストーリーに触れてしまうから・・・それよりもとりあえず映画を見てっ!って言う方が感想なのかもです。
ケイリー役のエイミー・スマートが、演技はうまいのですがちょっとインパクトに欠けます・・・でしょうか。逆に主人公のアシュトン・カッチャーがインパクトあり過ぎなんでしょうかね。

カチンコ深夜に見た「ゴシップ」も面白かったです。
3人の学生(ジェイムズ・マーズデン、レナ・ヘディ、ノーマン・リーダス)が気に食わないカップルの噂を流した事から起こる騒動・・・と言うストーリーなのですが、最後の方・・・プチスパイ大作戦みたいになってましたよ。
最初のストーリーから考えると意外な展開でしたねー。
脇役にエリック・ボゴシアンが出ていたんでひとくせあるなーとは思ってたんですが、案の定で楽しかったです。

カチンコ「シャルウィダンス?」の感想も・・・書きそびれ・・・ちゃったなー。
リメイクですからね、良くもアリ悪くもアリって所でしょうかね・・・。
前売り券買った時に付いてきたボールペンには爆笑しましたデス。

posted by と at 03:01| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

ブレイブ

カチンコ感想・・・だからネタバレも有るデス。
ジョニー・デップ監督&脚本&主演。ネイティブアメリカンの青年が貧困の末妻子を守るため自分の命を売る話。死ぬまでの1週間、貰った前金で家族と幸せな日々を過ごそうとする・・・。
こういう映画もジャンルとしては見ておくべきなんだろうけど、正直救いが無いので見終わった後落ち込みます。これしか貧困から抜け出す方法は無かったんだろうか?とか考えてはみるけど、彼がネイティブアメリカンである事とか、他の方法を考える事が出来る能力があったのかどうかとか思うと、ホントわからない・・・。
単に手っ取り早く大金が手に入るから最初は飛びついたんだろうけど、1週間家族と過ごす内に彼の中で今家族に自分が出来る最良の方法なんだと確信し、それを受け入れたんですかね・・・。最後に父を尋ねて瞑想するシーンとか見てそんな風に思ってしまったよ。
話は坦々と進むんですけど、犯罪仲間のルイスが家族を襲った事を知り怒りのあまり殺してしまうシーンのデップは凄かったです。耳噛み千切るし。
最後まで何処かに救いがあるのではと思いながら見ていたけど、何も無かった・・・。
ビルに着いたら案内人のラリーが居て「アンタついてるな、依頼主はくたばったゼ。仕事は無くなった。アンタはもう自由だ。」って言ってくれるんじゃないかって思ってた。そんで、デップは家族の元に走って帰るっていうのにしてほしかった・・・。
ダメですか?そーゆーのは・・・。

TV先週は、エンジンも恋おちも面白くなくて・・・さらにこの映画で落ちたって感じでした。バッド(下向き矢印)
「バタフライエフェクト」が面白かったのでその感想を・・・とか思ってたんすけど、全然その気分になれなかった・・・。バッド(下向き矢印)
アニシーも・・・そこをばっさりカットっすかーっ!て感じで、凹んだしなー。バッド(下向き矢印)
物凄い面白いコメディーでも見ないと立ち直れない感じデス・・・。
「おつむてんてんクリニック」クラスのコメディーじゃないとダメって感じっす・・・。

本ジャンプ買いに行ってきます。ワンピがカラー表紙なんですよね。
ジャンプでも読んで元気貰おう・・・っと。
日本もバーレーンに勝ったしねっ。

posted by と at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

ブレックファスト・クラブ

◎ブレックファスト・クラブ

休日登校を命じられた男女5人の高校生が図書室に軟禁状態にされ、反省の作文、タイトルは「自分とは何か?」を書かされる事になる。まったくタイプの違う5人がお互いの事を語り合ううちに、理解、尊重し合い、それが友情へと・・・。
出演は、エミリオ・エステベス、モリー・リングウォルド等この時代の期待の若手って感じです。
監督は、ジョン・ヒューズ。この時代のティーンズムービーの巨匠です。
脚本もよく書いていて、代表作は「ホームアローン」とかですね。
金曜の深夜に放送してたんですけど、私にとっては、やっぱ・・・見てしまうってゆー映画なのです。この作品を初めて見たのも深夜だったんですけど、次の日からこの監督の映画を借りまくって見たりしましたよー。
内容は、1日の出来事なので何か事件が起きてどうって訳ではないんですけど、5人の会話がうまく繋がれていてつい画面に引き込まれてしまいます。昼食のシーンなんかも、各家庭のカラーが良く出ていて見ていて楽しいです。特にアリー・シーディのサンドイッチを食べるシーンは必見デス!!
作文を書かなきゃいけないのに・・・何故か皆で踊っちゃうシーンがあるんですけど、その頃流行ってたステップとかなんだろなーって思うんですけど、いつの時代にもダサい人っているんですよね。エミリオ・エステベス・・・もう、笑っちゃいました。
好きで何回も見てる映画って意外と感想って言いにくいですねー。
何にしてもお勧めの1本には間違いないっです!

◎Shall We ダンス?

同じ金曜日にこちらも放送してました。
来週あたりにギア版のを見に行こうと思ってるので、復習な感じで見ました〜。
いい映画だなーって思って好きなんすけど、ちょっと長いかなーって感じるんです。役所さんのシーンもうちょっと少なくして、周りのキャラの話をもう少し入れてほしかったなーって感じです。なんか・・・セリフだけで説明しちゃうのーぉ・・・みたいな所を映像で見たかったなーなんて・・・。
とりあえず、ギア版の方を見てきますー。


昨日・・・くしゃみとか出て、ついに花粉かよーって思ったら・・・、今日は熱が出ましたよ。なんやねん・・・、単に風邪だったんかい・・・。
この気温の変化に身体がついていけねーです。
ちょっと最近疲れ気味な所もあったもんで・・・隙をつかれて風邪ひいたーな感じです。

さっきまで、テレビでスラムダンクのイベントのドキュメント見てました。イベント自体も凄いんですけど、黒板にチョークでマンガを描くって凄い事だなーって改めて思ってしまいましたよ。信じられないようなパワーとか出るんだな、やっぱ・・・。すげいです。



posted by と at 04:36| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

今更ですけどヒマだったのでつい見てしまいました・・・ダンス・ウィズ・ウルブズ

BSで午後放送してました。出掛ける用事も無いんで・・・家で見てました。
この映画割と好きなんで、放送したりするとつい見る事が多いですかねー。放送時間長いんですけどね。
内容的には辛いですよね・・・。スー族とジョン・ダンバーは心が通じ合う事が出来るけど、時代の流れとゆーか・・・インディアン討伐とゆーのが背景にあるしで。力のある者が弱い者から何もかも奪っていくとゆーのはいつの時代にも繰り返される事ですけど、映画を見ていてもやりきれなさが残りますよね。笑えたりとか楽しいシーンもあるけど、それがなければ内容的には胃が痛くなるとゆー感じです・・・。殴られるシーンとかも痛そうですしねー。

この映画を見ると必ず思い出すのが、「ラストオブモヒカン」です。
これもラストがせつねーデス・・・。

・・・にしても、ケビン・コスナーは最近ぱっとしませんねー。
「ダンス・・・」が最高の時期だった感じですよね。アカデミー賞も沢山取りましたしねー。
作品にも恵まれてないですよね。元々あまり演技派ではないですからねー。アクションやってもメル・ギブソンになれる訳ではないですしね。(別に「ウォーターワールド」が「マッドマックス3」みたいなアクション物を意識してるっぽいなんじゃないのーって思ってる訳では・・・)撮影中に足を踏み外して川に落ちたってゆー記事も読んだ事あるから・・・アクション物・・・難しいかも。
新作の「アップサイド・オブ・アンガー」、役の為に体重増やしたって事ですけどその必要無いっすよ・・・。逆に痩せた方が良いと思います・・・。

コスナー、好きな作品もあるだけに・・・どーしちゃったの?な感じデス・・・。
同じく最近どーしちゃったの?なブルース・ウィリスと共演とかどーでしょう?変わり者地元刑事とお堅いFBI捜査官とかで、いがみ合ってるけど協力し合って意気投合して犯人逮捕なお話とか・・・。あ、最近ブルース・ウィリスは「シン・シティ」がヒットしてるんですよね!・・・コスナーくん、健闘を祈る・・・。

アニメは、「ブリーチ」見ました。絵が毎週キレイでいいよなー・・・。(何で、アイシ・・・ぴえろじゃなかったんですかね・・・。テニプリ終わったから丁度良かったじゃないですかね・・・)
毎週、エンディングの画像が違うんですねー。凄いです、力はいってます。30分番組って短いですよ。毎週、1時間とか見たいです。

昨日、赤マルジャンプ買いました。ホント・・・毎回これっておまけと4コママンガで買ってます。今回はデスノのイラスト集付きでした。キ、キレイどぇした・・・。
アイシの新刊・・・買い忘れてしまいました・・・。連休明けに本屋に行こうかな・・・。(汗!)
posted by と at 23:07| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンスタンティン(ネタバレも少し有り)

5月1日、「コンスタンティン」を見てきました〜。

1000円で見られる映画の日って・・・毎月あるのって水曜日だけかと勘違いしておりました・・・。1日も安い日だったんでしたね・・・。真面目にしっかりと忘れておりましたよ。日程変更なんかしませんよ、見たいんですから。
友達とは劇場のチケット売り場で待ち合わせしたんですけど、すごい・・・数の人が並んでいてマジにビックリこきました。
・・・チケットの半券も欲しかったんだからねー。いいんだ・・・別に混んでいようが・・・別に300円多く出したってさ・・・。(ソコかい!?・・・)

映画は全く期待してなかったので、面白かったデス。悪い意味では無く、キアヌの映画「マトリックス」が個人的に好きなのは1作目だけで、2、3作は全然ダメだったので、「コンスタンティン」の予告とか見た時に雰囲気が似ていたのでそーゆー類の(CGも凄いし)映画なのかなーと期待していなかったのです。
そしたら・・・見たらかなり好きな類の映画でした。特にダークな雰囲気すごい好きです。
しいて言えば・・・、キアヌのアクションシーンがもう少しあっても良かったかなーとは思いますけど、あんなモンですかねー。
アンジェラとイザベルの関係なんかがもう少し映像で説明があってもいいかなー。
あと、アンジェラがあまりにもジョンの家にあっさり辿り着くのはちょっと面白くないです。せっかく、エレベーターとかで「何よこの男!」ってなってたから、会った時に警察では名が知れてるみたいな事言った時に、署内でもっとジョンの名前を聞いているとかしてその時に写真を見せられて「あー!この男ー!」みたいになると家を訪ねる時にもっと嫌味ったらしくなるんじゃないですかねー。私がそーゆーシーン見て笑いたいだけなんすけどね。
チャズはおいしい役どころでしたね〜。後半見ると、この人ってどんな人なの?っていろいろ考えてしまいますよ。ラストもふくみがありそうっぽいですしねー。
ラストと言えば、隣にカップルが座ってたんですがエンドロールが流れ出した途端に席をお立ちになられました・・・。やっぱ、バック全部が真っ暗のエンドロールじゃ魅力無いのかしらねー。何かちょっと位CG使ってくれたりしてくれるといいのかなー。まだまだ映画は終わってませんよーみたいな。でもホント、最後に映像があるのを逃すのは勿体無いですよね。

「コンスタンティン」お勧めデスv何も考えずに見て、見終わった後結構スカッとします。
監督がミュージッククリップをやられていた方なので映像はホントそーゆー雰囲気がバシバシ出ていました。字幕が、林完治さんなのも判り易かったです。

映画の後は、雰囲気がらりと違ってミッフィー展を見てきました。
シンプルだけど良いですよねー。初めて原画を見たので、かなり感激しました!!

何とか、ワンピースの放送時間前に帰宅しましたよ。でも、雨には降られてしまいました・・・。


******************************


他のブログを使ってみたのですが、blogpetがちゃんと機能しないみたいなので変更・・・してみました。
ちゃんと調べてからやってみれば良かったんですけど・・・結構やっつけな感じで作業する場合の方が多いもんでして・・・。

↓映画の感想だけ・・・消えるのも寂しいなーなんて思ったもんで、ちょっとこちらに持ってきました。
感想と言えるほど長くは無いんすけどね・・・。


4月30日の午後、BSで「エル・シド」放送してたんで録画して夜にピザを食べながら見ました。1000円引きのクーポン券があったもんで。
宅配のピザも結構な値段しますよねー。ド○ノ・ピザを食べたのですが、最近はピザだけじゃダメなんですかね?
メニューにパスタもありましたよ。味は・・・まーこんなモンっしょって感じでしたねー。(パスタも頼んだのかよ!←三村風ツッコミ)

昔の映画ってまだまだ見ていないのが沢山あるんですよー。良い作品が沢山あるので少しずつ見ていくって感じですかね。
チャールトン・ヘストン主演11世紀のスペインの英雄エル・シドの半生を描いた作品です。すごい大作ですねー。CGとか無いからエキストラの数だけでも大変ですよね。セットも大掛かりですし。
ソフィア・ローレンの美しさったら素晴らしいですね。チャールトン・ヘストンってすんごい大作にばんばん出てましたけど・・・結構大根・・・ですよね・・・。でも、顔が歴史物にぴったしですからねー。このおおぶりの演技が良かったんすかね?
映画の方は、こういう歴史物好きなので楽しめました。
王に対する忠誠心の凄さとか、自分の仕事とか使命に対する自信とか、信仰心のあつさとか、感服します。

現在なんて・・・何かもう、TV見てるとイヤになりますよね。管制官が閉鎖されてる滑走路をその場にいた18人全員が忘れていたとかさー。何じゃそりゃって感じですよ。事故とか起きなかったからまだしも・・・。そういう大事な事って目の前に書いて貼ってあるとかないんでしょうかねー。
交代制だから次の人にも判るようにとかしてあるとは思うのですが・・・。

「グラディエーター」みたいに今でも歴史物って作られていて、その時代とかで手法とかも違いますけど、やっぱり歴史物って面白いですねー。
昔の長い時間上映する映画って途中で休憩がはいるんですよね。そこは今とはちょっと違いますけどね。でも、ある意味親切ですよね、そういうのって。


4月29日は、テレビで映画「ソード・フィッシュ」を見てました。
公開時に見逃して今日にまでなってしまったけど、こういうアクション物ってやっぱりその時に見ないとダメなんすかねー・・・。
最初の方は面白かったんですけど、途中からトラボルタのワンマンショーに疲れてしまいましたですよ。ジャックマンがハッカーに見えないってゆーのを100歩譲ったとしても、映像の迫力で最後まで押し切られた感じでしょうかねー。
そんでもって、ラスト・・・あれは無い余・・・。なんか納得いかねー・・・。慈善事業にでも寄付されちゃったとかさ、ジャックマンの方が最後は勝つ・・・じゃないんですかね?かたやクルーザーで、かたやトレーラー暮らし・・・ですか?ママの遺産とか無い・・・んですかね?
ハル・ベリーの役どころも何だかなー・・・。中途半端だったような・・・。
思い出しても、トラボルタの顔しか浮かんでこないよ・・・。
昔の軽やかなステップなんてとても望めそうに無い体格になっちゃいましたねー・・・。専用のシェフとか連れてきてんでしょうね・・・、こーゆー方は・・・。
なんか・・・ラストがイマイチだったんで、どーにも後味が悪い映画になってしまいました。

今週の「トリビアの泉」、キアヌとレオ様がお隣さんだったなんてビックリです。この2人、共演とかしたら面白いのにねー。でも、ギャラが大変ですかねー・・・。
posted by と at 02:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。