2006年11月18日

レーシングストライプス

お腹が空いてどうしようもなかったので、めんたいこでご飯食べました。夜に食べちゃいけないんだーって脳では理解してるんですけど・・・身体がねー・・・コーヒー何杯か飲んだんですけど、空腹感は消えなかったんです。しかたないから、食べたら今度は眠れなくなりました・・・。明日仕事なのに・・・。
・・・で、日記でも書こうかなーと・・・。

カチンコレーシングストライプス
劇場で公開された時、観に行きたいなーと思いながら・・・結局行きそびれてしまってたんです。
だから、割と放送を楽しみにしてたんですけどね・・・。
ちょっと・・・お子様向けでしたかね・・・。同じ馬のなら、ドリーマーの方が良かったですねぃ。
シマウマがね、レースに出ちゃうっていう発想は好きなんですよねー。
でも、レースに出るまでがなんか盛り上がりにかけるっていうか・・・結構あっさりレースにでちゃいましたよね・・・。
バイクを壊される前にストライプスが走れるって気づくよね、普通。娘がずっと面倒みていたんだから。
深夜の馬同士のレースで、ストライプスがコーナーを曲がれない、まっすぐしか走れない・・・訓練された馬とそうでないのとの差が出てしまったって事なのに、いつそれを克服したんだろ?ポニーに教わってましたっけ?み、見逃したかな・・・?
レースの前夜にライバルの競走馬の父親とその仲間にストライプスがやられて気を失い、次の日仲間に助けられるんです。人間達の方も、朝になってストライプスの姿が見えなくて探し回るんですけど・・・見つかった時・・・何も心配しないんすかね?ちょっとくらい・・・怪我とかしてるんじゃ・・・。
走ってるとき・・・どーみてもシマシマに塗ってる馬ですよね、やっぱ。
サーカスに最後帰されそうになるけど、やっぱりあの農場に残る・・・みたいになるのかなーとも思ったんですよね。ラストは優勝したシーンで終わったんですけど・・・サーカスが冒頭にしか出てこないって・・・そんなものなんですかね?
馬と女の子との交流のシーンとかももっと見たかったかな。

テレビで充分だったですね。劇場で観てたら・・・1300円は高いかもと思ってしまいますな。


映画といえば、「椿三十郎」がリメークされるそうですね・・・。

主な配役は、
椿三十郎役 織田裕二
室戸半兵衛役 豊川悦司
井坂伊織役 松山ケンイチ
睦田夫人役 中村玉緒

だそうですよ・・・、織田裕二を否定するわけじゃないですけど・・・ちょっとあわない気がしますけどねー。でも、彼を起用したって事は監督になんか別な意図があるんでしょうか。
「椿三十郎」より今の所は「どろろ」の方が観てみたいって感じでしょうか。

今日は、アニメ見てないですね・・・。金曜日って特に見たいのが無いんだな・・・。ケロロも夕方17時半の放送じゃ見れないしで。
posted by と at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。